こけしのお手入れ・保管について

卯三郎のこけしは天然木を使用し、さまざまな装飾を施しています。
木目の美しさや鮮やかな発色を保ち、暮らしに末長く寄り添う工芸品であるために、
お手入れや保管のコツをお伝えいたします。


|直射日光にあてないで
太陽光による色焼けや色あせを防ぐため、直射日光のあたらない屋内にお飾りください。
直射が当たらなくても、光量や経年により徐々に色落ちする場合がございます。

|高温多湿が苦手です
熱源の近くや湿度の高い場所に飾ると、変色やカビ、割れの原因となりますのでお避けください。

|水濡れにご注意を
こけしは濡れに大変弱い工芸品のため、水洗いや水拭きはお避けください。
絵付け部分の剥げや変色、乾くときに木に亀裂が入る恐れがあります。

|ホコリはやさしく払って
かぶってしまったホコリは、ハタキや乾いたやわらかい布で撫でるように取り払いましょう。
キズや色落ちの原因となりますので、強くこすったり濡れた布で拭くことはおやめください。

|保管前は全体をやさしく拭き上げて
お雛さまこけしや五月人形こけしなど、つぎの季節が来るまで箱にしまっておくこけしは、片付け前にひと手間かけておくと安心です。

まず、乾いたやわらかい布で全体をやさしく拭き上げます。
黒塗りの部分など指紋が目立つ場合は、乾いた布で円を描くようにやさしく馴染ませ拭き取ります。
そして、購入時に包まれていた緩衝材(なければ新聞など)に1点ずつ包み込んで箱の中へ。
箱の中でこけしが動かないよう、緩衝材をたして隙間を埋めるとよいでしょう。
こけしの入った箱は、直射日光と高温多湿を避けて保管してください。